挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2007年07月22日

有田氏のブログに対する抗議と訂正の要求について

有田氏のブログに対する抗議と訂正の要求について

2007年07月11日


 有田芳生氏がインターネット上に掲載している「有田芳生の『酔醒漫録』なるブログの2007年7月9日付記載末尾には、同年7月5日に行われた国際合同結婚式についての言及があり、これとの関連で有田氏は「最高裁判決でも合同結婚式は無効との判決が確定している」と述べています。しかし、この記載は明らかな誤りです。最高裁判所を含め、過去に裁判所で国際合同祝福結婚式を無効とする判決が下されたことはありません。

有田氏は、福岡で元信者が起こした「婚姻無効裁判」を念頭に上記記述をしていることと思われます。この事件は婚姻無効を巡って最高裁まで争われた唯一の事件ですが、1996年4月25日に最高裁判決が下され、婚姻無効を認めた福岡高裁判決(1995年10月31日)が確定しました。しかし、判決は、「合同結婚式は無効」と認定判断したものではなく、むしろ、「本件は、宗教や信教に深くかかわった事件であり、統一教会の教義その他の宗教的価値を尊重すべきことは当然であり、教義の解釈にまで踏み込むものではない」と述べています。その上で、本件に固有の事情(婚姻届から家庭生活までの期間が6年と認定された)により、確定的な婚姻意思は認められないとして婚姻を無効としました。即ち、6年先の婚姻生活のために婚姻届を提出しても早過ぎる(6年の間に気が変わることもあり得る)というわけです。
 本件では、そもそも、合同結婚式という儀式自体の効力が争われたわけではなく、「合同結婚式は無効」との記述は、判決の論旨を著しく取り違えたものと言えます。
 よって、有田氏に対しては抗議し訂正の要求をしています。

記事:広報部

参考サイト:世界基督教統一神霊協会

2007年07月09日

プロサッカー連盟郭錠煥会長、国際サッカー連盟(FIFA)の戦略委員会の委員に選任 

kakukaityou.jpg

マイデイリー = キム・ヒョン期記者] プロサッカー連盟郭錠煥会長が国際サッカー連盟(FIFA) 戦略委員会(Strategic Committee) 委員に選任された。

アジアサッカー連盟(AFC)は 3日、書簡を通じて郭錠煥会長がアジアプロリーグを代表する FIFA 戦略委員会の委員に推薦したと明らかにした。アジアのトップリーグである Kリーグ会長で、広げた旺盛な活動とピースカップ組織委員長を引き受けているなどサッカーと関連した多様な経験を高く評価したという説明を付け加えた。

FIFA 戦略委員会は FIFA 傘下 25の常任委員会の中の一つで、国際サッカー界の懸案を扱う代表的な委員会だと言える。ミシェル・プラティニヨーロッパサッカー連盟(UEFA) 会長が委員長であり、アジアでは郭会長と共に川渕日本サッカー協会会長が推薦された。

この委員会はこれからクラブライセンシング制度の導入と代表チームとクラブの選手差出問題、マッチカレンダー、選手エージェント、移籍など各種懸案を扱う予定だ。

現在 FIFA 活動に参加中の韓国役員は、チョン・モンジュン大韓サッカー協会会長(FIFA 副会長兼、オリンピック組織委員会委員長)とキム・ドンデ U-17 青少年ワールドカップ韓国組職委員会事務総長(FIFA U-17 ワールドカップ組織委員会委員) ホン・ミョンボ代表チームコーチ(FIFA サッカー委員会委員) などだ。

クァク・ジョンファン会長は来月8月スイスチューリヒで開催される戦略委員会を皮切りに FIFA 活動を始める。

(キム・ヒョンギ記者 hyunki@mydaily.co.kr)

記事情報提供及び報道資料 press@mydaily.co.kr
posted by uc40 at 15:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 01.おすすめの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。