挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2008年07月08日

知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室 Part26

<26>崩れる監視体制
 
六月に始まった監禁であるが、八月下旬に新しいマンションへ移ってから、次第に監禁をしている側にダレた雰囲気が漂うようになった。
 最初のうち、私が「マインドコントロール」されているのだ、と思いこみ張り切っていた家族は、私が反対派の「カリキュラム」を全部消化してしまい、脱会者も「もう川嶋君は、マインドコントロールにはかかっていません」と助言するようになると、逆に監禁を続ける熱意を失ってしまった。張りつめていた空気はなくなってしまい、監視態勢は次第に崩れていった。
 
新しいマンションに移ってから後、兄夫婦は、もともとこの監禁には反対だったこともあり、仕事があると言ってマンションから遠ざかった。私がとくに逃げようともしないので、父の知人も帰された。
 一週間後ぐらいから、窓についた特殊な鍵も外され、ベランダで洗濯物を干すときや脱会者の来る時は窓を開けるようになった。

反対派の弱点 
普通は、訪問している脱会者全てが話してみて「脱会している」と判断すると、「OK」が出されるのだそうである。しかし、その脱会者たちももう来るのを嫌がっているようだった。私がある脱会者に「もう、僕には愛想が尽きたということですか」と聞くと「うーん、するどいね」と答えが返ってきた。私に言わせれば、私が彼らに「あなた達は私を心配しているわけではなく、利用しようとしているのだ」という事実を彼らに何度か突きつけてしまったので、彼らにも私を説得したいという気持ちがなくなってしまったのだろう。脱会者の中でも積極的に説得活動をしているメンバーはまだ頑固に来てはいたが、もう話すネタもなく、つまらない雑談で終わることが多くなった。
 実は、反対派の行なっている監禁には大きな弱味がある。反対派側の「切り札」が全部出尽くした時点で、反対派にはやることがなくなってしまうのだ。
 反対派も、監禁された当人が信仰を失わなかった場合が恐いのである。信仰を奪えないのに監禁が長引けば、どんどん犯罪を重ねているだけなので、反対派はかえって自分の首を締める結果になる。


 私の場合も、偽装脱会であることは何度も疑われていた。しかし、私がすべて「脱会プログラム」を消化して、口では「やめる」と言っているかぎり、反対派はもう私への説得をあきらめるしかなかった。後は逃げる必要すらなく、いかに向こうにとって形良く終わるか、だけであった。九月以降は退屈な日々が続いた。
 時間が緩慢に過ぎていった。時として、2、3日何もやることがないままにすぎる。まるっきり何も進まないことにイライラする。毎日、運動不足の解消のため部屋の中をぐるぐる歩いて回るようになった。
 七階で見晴らしは良かったので、日中ずっと空の雲の形が変わるのを見たりしていた。また、家族に頼んでいろいろな本を買って来てもらい、それを読んで気をまぎわらせた。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。