挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2008年07月11日

知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室 Part29

<29>もの寂しい結末

 十月六日、四ヶ月に及ぶ監禁が終了し、富山の実家へ帰った。この際、松永氏の教会に寄った。
 松永氏のいる新津教会は、統一教会の脱会者が事務を担当している。父が借りていたマンションの鍵を返すと、事務をしていた脱会者がごく当たり前のように受け取った。ここまで公然とマンションを「貸し出し」しているくせに、反対派は「監禁をやっているのは家族である」とうそぶいているのである。
 松永氏は外出中だったが、しばらく待たされ、松永氏が帰って来て、最後の会話を交わした。
 この時、最初に松永牧師が私に対して言ったのは、「君のような疑り深い人間が、きちんと社会生活を営んでいけるかどうか疑問だ」という言葉だった。松永氏は「君の将来のために祈っているよ」とも言い、「何か聞きたいことがあったら、訪ねて来たらいい。理論とか……」と、未練を見せつつ言った。松永氏自身も、監禁一つひとつを自分の満足する形で終わらせられなければ気持ちが落ち着かないらしい。私にはかえって、この人が私のことをダシにしようとしているように感じられてならなかった。
 教会を出て車に乗ると、数人いた「リハビリ」中の脱会者達が手を振って見送ってくれた。内心では手を振りたくないのかも知れない。しかし、そうだとしても彼らは私に対して無理に笑顔を浮かべ、愛想良く幸せな素振りをしなければならない。私を説得する立場に立たせられているからである。真理を見失ってしまい、途方にくれながらも、脱会した自分は幸せであると自分に言い聞かせ続けなければならないのだろう、そんなことを考えて、また心痛く感じた。
 一週間後、私はCARPに連絡し、帰った。

悪夢はまだ続いている

 反対派は監禁する理由について「統一教会がマインド・コントロールを行っているためである」と言い張っている。
 しかし実際は、反対派の方が統一教会に対するおどろおどろしいイメージを植え付けているのである。そして閉鎖空間で人為的に精神障害を引き起こさせ、異常な環境で「原体験」を持たせて、もう一度頑張ってみよう、きちんと確かめようといった気持ちを完全になくさせてしまう。さらに、脱会後は脱会者だけの世界に囲ってしまう。だからこそ、途中で自由に調べることができないように監禁が必要なのである。

 
私は現在、まだその余韻を引きずって生活している。長期間、異常な環境で怒りをこらえる、眠れないなどで交感神経が酷使されたため、監禁後しばらくは、過度の怒り・悲しみなどに出会うと神経に痛みを感じる状態だった。また、あの外界と遮断された空間で数カ月間暮らした記憶は、まだ心に焼き付いており、閉鎖された空間が怖い、人前に出るのが怖いなど、克服すべきことがまだ待っている。
 家族の私に対する愛は本物であるが、私に対する愛情のあまり、反対派の流す様々な嘘を盲目的に信じてしまった。自分の家族に信頼されないという苦しさは言い難いものがある。これから家族を、どう導くか、難しい問題である。
 つい先日も、夢の中に家族が出てきたが、いつも監禁とセットで出てくる。最近見る夢では全て、家族の夢イコール監禁の夢である。逆に松永氏の夢は、一度も見たことがない。松永牧師に対しては、特に何の感情も湧かない。しかし自分のやっていることをきちんと認識して、社会的な裁きをきちんと受けて欲しい。それだけである。
 
ここに記したのは、すべて事実であることを強調しておく。反対派は私に対しても、とやかく言わずにはいられないだろう。しかし、ここで反対派に対して改めて言いたい。強制的に信仰を奪うことなどできないし、あってはならないことである。現に私の信仰は、彼らによっては奪えなかったのだから。
 現在も、統一教会員に対する拉致・監禁は毎日のように行なわれている。民主主義が保証されているはずの日本で、この監禁・強制改宗が行われなくなるのはいつの日なのだろうか。


kan16.jpg
29.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。