挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2008年12月09日

我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇

我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇 (単行本)
米本 和広 (著) がアマゾンで販売開始されていました。

拉致・監禁をしていた側の元教会員の両親の証言なども掲載されていて、拉致・監禁前後の反対派の動きなどが理解できるようになっていますし、13年間拉致・監禁されて2008年に解放された方の話しなど衝撃的な内容がつまっています。

・我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇 (単行本)
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4795847622/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・参考になりそうなサイトなどを紹介します。

講談社 月刊現代2004年11月号掲載 長編ドキュメント
統一教会信者「脱会」後の重い十字架
書かれざる「宗教監禁」の恐怖と悲劇
http://plaza.rakuten.co.jp/loveenemy/4000
○コメント○ この時点でかなりの取材をこなしており、本として出せるくらいの量があったが、それをまとめて、雑誌に掲載してもらったとのことです。

「月刊現代」の記事「書かれざる『宗教監禁』の恐怖と悲劇」について 米本和広(ルポライター)
http://uc40.seesaa.net/article/39995992.html
○コメント○ ブログで紹介したものです。

「月刊現代」の記事「書かれざる『宗教監禁』の恐怖と悲劇」についていただいたコメント
http://m.uc40.jp/archives/2004/11/index.html
○コメント○ いただいたコメントです。

小出先生の『人さらいからの脱出』の引用がのっていました。
http://plaza.rakuten.co.jp/mizuhonet/diary/200411240000/
○コメント○ 小出先生とは毎月のように会って、情報交換とかしています。 

米本 和広さんの出版物です、
http://www.amazon.co.jp/gp/search?field-keywords=%E7%B1%B...
○コメント○ 過去には統一教会に反対する立場であったので、そのような書物がほとんどです。
ラベル:出版 書籍
posted by uc40 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 01.おすすめの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[人権][books]米本和広『我らの不快な隣人〜統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇』
Excerpt: ジャーナリスト米本和広氏の『我らの不快な隣人〜統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇』が情報センター出版局から刊行された。 この本のことはuc40さんのブログで知った。本は「月刊現代」2004..
Weblog: 人権・男女共同参画・性etc.
Tracked: 2008-07-04 11:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。