挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2004年11月02日

子供のある夫婦まで引き裂くとは

子供のある夫婦まで引き裂くとは

「書かれざる『宗教監禁』の恐怖と悲劇」の記事を読んでいただきまして、このような問題が解決されるよう、月刊現代編集部に熱いメッセージを送ってください。
との内容に対していただいたものです。

------------------------------------------------------------
広島 H.Y

私も早速「月間現代」買って読みました。依然少しかかわった事がのである程度は知っておりましたが、読んでいるうちに怒りがこみ上げてきました。

世の中人権人権とうるさい時代にこれほどの人権蹂躙があるでしょうか。

特に子供のある夫婦まで引き裂くとはまさにサタンのなせる技としか言いようがありません。

早速現代のほうへメールを送らせていただきました。
ただ、かつては統一教会批判の急先鋒のような人だった記者があくまでも中立是々非々といいながらも教会を擁護するような記事を書くようになったことについて深い感慨を覚えました。

今後も日本でもこのような現象が起きてくるような気がしましたし、おきてくるように私たちも人事を尽くさないといけないと痛感いたしました。

最後にこの問題に対し人知れずご苦労されておられる兄弟姉妹の皆様のご健勝を心よりお祈りいたします。
posted by uc40 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 11.訪問者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22537332
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。