挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2006年10月01日

信仰の自由に関する2006年国際報告書 − 日本に関する部分

信仰の自由に対する制限

教会の信者が監禁され、ディプログラミングを受けているとの申し立てに政府が対応していないとの主張は減少した。統一教会の指導層は、政府がディプログラマーを訴追する意志を強めているために拉致の件数が減っていると報告した。

しかしながら、政府が拉致者を訴追しようとしないことに対する懸念も引き続き表明している。同教会関係者によると、家族同士による拉致が多いため、警察が介入を拒否することが多い。

信仰の自由に関する2006年国際報告書 − 日本に関する部分
posted by uc40 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 01.おすすめの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34138327
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。