挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2007年12月29日

知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室 Part5

<5>断片的な記憶
 
最初の悪夢のような数日間については、なにがあったのか詳しく覚えていない。断片的には思い出せるが、前後関係がはっきりしない。心に焼き付いたそれぞれの場面の印象が強すぎるのと、その時の精神的苦痛を体が覚えていて、思いだすのを拒んでいるのだろう。
 特に強い印象をもって私の心に焼き付いているのは次のような場面である。 家族が、私を恐ろしいものでも見るような目つきで見つめ、取り囲んでいる。 明かりはついていたのかどうか覚えていない。
 そして家族が「原理を説明してほしい」と迫ってくる。最初のうちは「どうせ真面目に聞くつもりなどないだろう」と言ってかわしていたが、家族は取り囲んで質問を繰り返すので、結局原理の内容を説明することになる。
 私が「原理では、自然を通して神の性質や意図を知ることができると考えています」と説明を始める。すると、兄が「ちょっとまて、一足す一は二だな」と聞いて来る。「……それは、要するに結果を見ても原因がなにか悟ることはできない、という批判ですね」と私が言うと、兄は「そういうことだ」と答える。私がさらに「それは人間に内在する神につながる部分を無視しています」と説明する。すると継母が「でも狼に育てられた子は、どんなに教育しても人間になれないそうよ」と割り込んで来る。キリスト教を信じる人間が、なぜ無神論的な批判をするのか、と怒りを覚える。例えとして、イデア論の話をする。しかし、家族は理解できないらしい。詳しく説明していると、今度は父が「お父さんは納得できないな」と割り込んで来る。他の帰還者に聞いたところでは、反対派のマニュアルには、とにかくどんなに雄弁な説明をされても、「納得できない」などと対応することが、指示されているようだ。妹は、その応酬の間、一言も発せず、部屋の隅で足を抱えて座り、しかめっ面をして、蛇でも見るように私をにらみ続ける。
 
話が寸断され、入れ替わり立ち替わり何度も攻撃されるので、先に進まない。家族は反対牧師のレクチャー通りの批判を繰り返す。どんなに説明しても、家族はもともと聞くつもりなどないのだ。私はため息をつきながら、不毛な「講義」を深夜まで続けた。
 数日間でこのようなやりとりが何回か、繰り返された。
 私の父は、私が中学二年の時に母親が病気で死んで以来、家族のため陰でいろいろと苦労してきた。継母は、私が大学に入ってからもしばしば下宿に訪ねてきて尽くしてくれ、私もさすがに愛のある人だと感心していた。しかし監禁現場では、その同じ人たちが人が変わったようになって私を責め苛んだ。
 しかし私は、どんなに耐え難い扱いを受けても、暴力に訴えることはできなかった。このまま忍耐し続けていくと、気が狂うか、離教に追い込まれるか、どちらかしかない。しかし、家族が怪我をすることを考えると、殴るなどという真似はできなかった。耐え続けるしかなかった。私は反対派によって、家族を「人質」に取られてしまったのだ。
 
兄は一番私に同情的だった。あるとき、私が周囲に対してあまりにも忍耐しすぎるのを見かねて、「少しは暴れたらどうか」とこっそり聞いてきた。それでも耐え続ける私の姿を見て、「どう考えてもお前の方が正しい。ようやく、お前が何を考えているのか分かった気がする。お前が真理だと言うのなら、本当にそうなのかも知れない。俺も真剣に考えてみる」と言って来た。そして「もしお前が追いつめられるようなことがあったら、守ってやる」と涙ぐみながら約束した。
 
しかし兄も次第に反対派の噂を信じて操られるようになり、結局この約束を守ることはできなかった。
ラベル:拉致 監禁
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。