挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2008年04月10日

知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室 Part20

●偽装脱会
 
反対牧師の説得作業は、トランプのゲームを連想させる。牧師は、これで落とした、という「切り札」を長年の説得作業の間に身に付けていて、一番効果的なところを見計らってぶつけて来る。そこで本人の信仰生活で身に付けた「カード」との勝負が繰り広げられる。
 松永牧師が来るようになってから数日間は、様々な統一教会についての悪いウワサを聞かされた。反対牧師は、監禁された当人に対して、嘘かホントかわからないようなウワサを時限爆弾のように仕掛けていく。そのウワサの多くは根拠のないものだが、監禁中は確かめようがない。一つのウソをごまかすためには十、二十というウソが必要であるが、反対牧師の頭の中では、そのウソがストーリー性を持ち、「統一教会は巨悪である」という一つの壮大なフィクションが出来上がっている。そして、監禁された本人が知らない内容を一つでも認めると、本人は牧師の言うこと全てを鵜呑みにするようになる。そして「じゃあ、これも、これも本当なのだ」と、頭の中で連鎖反応が起こり、一気に統一教会を「恐ろしい団体だ」と思うようになっていく
 私は、大体向こうの「切り札」が出そろったという見当がつき、(理論が崩されない限り)自分の信仰は奪われないだろう、という手応えを持った時点で、本格的に偽装脱会することに決めた。
 しかし、今でこそ分かるが、反対派は「ひととおり脱会カリキュラムを通過させれば、統一教会員は全員脱会させることができる」と心の底で思っているのである。だから本人をとにかく逃げられないように捕まえておきさえすれば、いつか脱会させられると信じているのである。
 七月一〇日頃、牧師に告げた。「裏でいろんな活動をやっていることを知り、きちんと調べたくなった。ただし、自分一人で調べたいので、家族には知らせないでほしい」。
 牧師と脱会者が「彼は間違いに気づき始めた」と納得してから約二週間ぐらいは、理論を検証するだけで、監禁中、精神的には一番楽な期間だった。
 「勉強」には、ビデオに録画してあるものを主に用いた。松永牧師が、脱会者に原理講論を読ませては批判し、脱会者が「そうか、やっぱり原理は間違いなんですね」と言う姿をビデオに録画したものである。
合間には、『ライオン・キング』、『ナウシカ』などいろいろ見た。
 この頃になると、「何かほしいものはないか」「何を読みたいか」などと言い、ここぞとばかりに周囲が様々に尽くし始めた。ここで相当脱会者たちに情的に引っ張られたのも確かである。
 私はもともと原理研究会の人間関係よりは理論につながっているという自覚を持っていたので、この間一つだけ自分にノルマを課した。反対派の批判を一通り聞いて、自分の中できちんと反論ができたら、原理研究会に帰ろう、ということである。きちんと調べて行くと、理論的な批判のほとんど全ては、様々な情報操作や反牧の勘違いによって成り立っていることが確認できた。
 
例えばある時、松永氏が会話の中で「神の子は神である。人間は神ではない。だから神と人間は親子ではない」という幼稚な算段論法を得意になって振りかざして来た。聞いていてうんざりさせられた。
 また創造原理が自然を通して神の性質を知るという流れになっているのに対して、「統一原理は汎神論(神と被造物が同一存在だととらえる考え)だ」と決め付けて来た。統一原理は汎神相論(被造物にあまねく神の性質が表われるという意味)の立場に立って、被造物から神の性質が分かると考えているのだが、松永氏はこの簡単な違いもわからないらしかった。

 客観的に考えれば非常に稚拙な批判であるが、脱会した者は心身ともに極限状況に置かれ、このような批判を続けざまに浴びせかけれられて、正常な判断力を奪われてしまったのだろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。