挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2008年07月19日

統一教会創始者、ヘリコプター不時着で負傷=韓国

統一教会創始者、ヘリコプター不時着で負傷=韓国ということでニュースで流れているようです、清平にいらっしゃる方からの話しでは、軽症とのこと、お孫様3名、文鮮明ご夫妻、後は補佐官や、側近の方が搭乗されていたそうです。 御付の方で2人だけ簡単な手術する必要があるとのことです、

統一教会創始者、ヘリコプター不時着で負傷=韓国

 【ソウル19日時事】韓国の聯合ニュースによると、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者、文鮮明氏(88)と家族ら計16人が乗ったヘリコプターが19日午後、ソウル郊外の京畿道加平郡で不時着し、文氏や夫人ら7人が負傷した。残りの9人は無事だった。
 ヘリはこの日ソウルを出発したが、異常が発生し、黒い煙を出しながら、小山に不時着。文氏ら搭乗者が避難した後、ヘリは爆発したという。警察は事故原因を調べている。(2008/07/19-19:56)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008071900305


<韓国>統一教会・文教祖ら乗ったヘリコプター着陸失敗 12人けが
7月19日20時10分配信 毎日新聞

 【ソウル中島哲夫】韓国のニュース専門テレビYTNによると、19日午後5時半(日本時間同)ごろ、ソウル北東にあたる京畿道加平郡雪岳面のヘリコプター発着場で、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の文鮮明(ムンソンミョン)教祖と家族ら16人が乗ったヘリが着陸に失敗、文教祖と韓鶴子(ハンハクジャ)夫人を含む12人が負傷し、近くの病院〔清心病院〕に運ばれて治療を受けた。重傷者はいない模様。

 事故現場に近い加平郡内に文教祖らが暮らす邸宅があるとされる。一行は同日、ソウル市内で昼食をとり、ヘリで現場に来た。濃霧のため視界不良で、高度約3メートルの位置から着陸中に事故が起きた。

 統一教会側は報道陣や消防、警察、軍の関係者を現場に寄せ付けず、事故処理などすべて自力で行うと主張している。事故の経緯についても言及を避けているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080719-00000077-mai-kr


韓国でのニュースのWEB翻訳を利用してみました。

京畿道加平郡ヘリコプター墜落...7名負傷
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.ytn.co.kr%2F_ln%2F0103_200807191801117924&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_submit=+%E7%BF%BB+%E8%A8%B3+

統一教文鮮明総裁搭乗ヘリコプター不時着
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fnews.chosun.com%2Fsite%2Fdata%2Fhtml_dir%2F2008%2F07%2F19%2F2008071900493.html&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_submit=+%E7%BF%BB+%E8%A8%B3+

2008年04月23日

世界平和統一家庭連合の新会長に文亨進様が就任

世界平和統一家庭連合世界会長及び韓国会長の就任式がありまして、文亨進様が新しく就任されました。

*文亨進任略歴です。
1979年9月26日:真の父母様家庭の七番目の息子としてアメリカニューヨーク州ウェストチェスター(発音:ウェチェスター)で誕生
1997年9月6日:777家庭李スンデ・ジュウンジョン家庭の李妍雅様と聖婚し4男1女を持たれる
2000年7月:ノンプロフィット教育諮問機関ターニングポイントオブライフ(Tuning point of Life)設立
2000年10月28日:1次7年路程出発(亨進任午前3時精誠と共に21年路程出発)
2003年5月13日:真の父母様が亨進任家庭訪問、「天和堂天愛夫婦」の揮毫を下さる
2004年6月:ハーバード大学(哲学専攻)卒業
2005〜2006年:世界聖地巡礼(イタリアローマ、インドのダラムサルラのチベット亡命政府、中国、台湾、日本、フィリピンなどの宗教聖地を訪問、ダライラマ、法頂(ポプジャン)スニムなど世界的な宗教指導者と会う)
2005年8〜11月:アメリカニューヨーク統一神学大学院(UTS)で5回にわたって「天和堂修練」主観
2006年6:ハーバード神学大学院(比較宗教学専攻)卒業
2006年9月1〜8日:1万2千拜天正宮特別精誠
2006年9月11〜2007年1月12日:清平清心神学大学院で「天一国民修練会」主管
2006年10月28:1次7年路程終わり
2006年10月29日:2次7年路程出発
2007年1月19日:天一教育院設立
2007年3月〜:毎月定期的に日本教会訪問(現在まで11地区42教区訪問)
2007年8月5〜2007年11月25日:ソウル麻浦教会、天一国食口礼拜主管
2007年10月17日:第1次120日精誠出発(「真の父母様の世界攝理勝利と教会成長の為に」)
2007年12月1日:本部教会堂会長就任
2008年2月15日:第2次120日精誠出発(「全世界食口のために」)
2007年12月〜:本部教会で天一国食口礼拜主観
2008年4月18日:世界平和統一家庭連合世界会長兼韓国会長就任
著書:「はげ頭といちご」、「瞬間」、「天和堂」

詳細はこちらにあります。
■家庭連合世界会長及び韓国会長、離・就任式
(韓国家庭聯合ウェブサイトより)
http://docs.google.com/View?docid=ddprmknb_500cgpr3rgz
韓国家庭聯合ウェブサイト
http://www.tongil.or.kr/

※ 文先生は旧字体を利用されるので、旧字体で表記されることがあります。
※ 韓国では世界基督教統一神霊協会改め、世界平和統一家庭連合の名称を利用しています。

2007年10月04日

平和自動車などを視察―盧大統領

■盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は会談最終日の4日、統一教会系列の平和自動車と北側の朝鮮民興総会社が7対3の出資比率で1998年に設立した平和自動車南浦工場を訪問する予定
 http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=91517&servcode=500§code=500

■平和自動車などを視察―盧大統領
平和自動車総合工場と西海閘門を訪ね視察した。
 http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/071004-122813.html

■(写真でみる)平和自動車などを視察―盧大統領
 http://www.worldtimes.co.jp/special2/nanboku07/photo8.html

【特集】2007南北首脳会談
 http://www.worldtimes.co.jp/special2/nanboku07/main.html

2007年09月12日

■ドバイの巨頭が平壌を偵察

フォーブズ 2007年9月6日

■ドバイの巨頭が平壌(ピョンヤン)を偵察

ドバイを中東の財政的オアシスに変え、多大な信用を得た男は、
荒涼とした平壌で同じ役割を果たす機会をすぐに得ることができ
るだろう。

エマール不動産の会長兼創設者のモハマド アラバールは、今週
北朝鮮への自家用機旅行を遂げた最初の人になった。

水曜日(9/5)にソウルから直接首都平壌に飛び、次の日に中國の
北東の大連市に飛んだ。大連市では、世界経済フォーラムがダボ
ス会議を主催している。この訪問は、サンミョンムーンによって
創立された統一教会の情報源によって確認された。統一教会は韓
國でアラバールを案内した。

アラバールの旅行目的は、中東の最大不動産開発企業であるエマ
ール社の新興成長市場への広くなる関心のひとつとして、孤立し
た共産國家における投資機会の調査とみられる。

リビアや、インドやパキスタンなどのように、國際投資というレ
ーダースクリーンに映った市場として彼は平壌に関心を持った。

北朝鮮は、停滞している統制経済に資本主義的な改革を導入する
ために試験的な段階を踏んだ。それは、少しばかり価格設定を自
由化して、國の会社がより多くの対外貿易をし、自由貿易圏の確
立を奨励した。しかし、改革は、遅く制限されている。

アラバールは、韓國大統領である金大中(キムデジュン)による
2000年の画期的な旅行以来、初めて非武装地帯を越えた。金大中
のその旅行は、北朝鮮の相手と新しく開かれる頂上会議のためで
あった。

平壌にいる間、アラバールは先月開館された新しい世界平和セン
ター、およびポトンガンホテルを訪問した。この二つは統一グル
ープの系列であり、統一教会のビジネス投資部門である。

この28年の歴史を持つポトンガンホテルは、北朝鮮の政府が約10
年前に高麗ホテルを完成する前は、國際通信ができ外國のテレビ
が見れる平壌で唯一のホテルであった。

シアトル大学の財政経営学の卒業生であるアラバールは、統一教
会を通じて平壌へのコネクションを見つけた。教会の創設者であ
るサン(サンミョンムーン)は、1992年に孤立した北朝鮮創立の父、
金日成(キムイルソン)との深い結びつきを確立した。

教会はホテルと不動産投資をすることに加えて、フィアットから
の技術支援を受ける赤字ベンチャー企業の平和自動車を運営して
いる。平和自動車はすべての部品を海外から調達する。

▼英文記事(フォーブズ ウェブサイト)
http://ww36.com/w9Vb685rr
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。