挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2008年01月19日

知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室 Part10

<10>脱会者たちの生活と日常
 
マンションにいる期間に出逢った脱会者たちのことを思い返すと、いまだに心痛むことが多い。
 私の監禁を陰で操っていた松永牧師は、かれこれ十年の間、統一教会員に対する監禁に携わっているとのことだった。松永牧師による脱会者は、百名を優に越えると言われる。これらの脱会者によって、一つの・世界・が形づくられているように感じられる。この脱会者同志の独特な・世界・にどっぷり浸かってしまったら、情に縛られて抜け出すことは難しいだろうと思った。私の見たところでは、反対派は、本人を離教に追い込んだ後、この独特の世界に囲ってしまい、情で縛りながら、統一教会に対する悪い情報を与え続けることで、そこから出られなくさせてしまうのである。
 しかし、脱会者たちは脱会した後も、統一教会のことを忘れられない様子だった。

 
マンションを訪れる新しい脱会者の中には、これまで真理だと思っていたものを失って、思い詰めた表情の人も何人かいた。脱会するとどのような心境になるのかを聞いてみたが、「虚脱感におそわれる」「自分を利用していた統一教会が憎い」など、いろいろな答えが返ってきた。人によって、個人差もあるらしく、いろいろ複雑な部分があって、とても一言で言いあわせるようなものではないように思う。ある脱会者に「ちょうど、失恋の後と同じような気持ちですか」と聞いたら、「まあ、そんな感じですね」と答えが返ってきた。
 また、私が接した限りでは、脱会者の交わす会話のほとんどは、今の生活のことよりも、統一教会に対する思い出話や、悪口で占められていた。これは、彼らが今の生活に満たされていないことを示しているように思われた。離教後、ずっと相対者の写真を持っていて、捨てようか、どうしようか悩んでいる脱会者もいる、と聞いた。
 マンションには、脱会者同志で結婚した人も何人かやってきた。ある帰還者から聞いた話によると、脱会者の九割が元教会員同志で結婚するそうだ。ここには脱会者の微妙な心理が関係している。多くの脱会者は、脱会はしたものの、決してこの世の結婚や恋愛に対して希望を持っているわけではない。統一教会での思い出や、自分が監禁された時の体験を、一種の秘密のように共有して、話す姿も見られた。監禁による脱会という体験があまりにも強烈で、その経験がない人とは話が合わないのである。結局、一般の人よりは脱会者同志の方が理解し合え、心情的にも深い関係になりやすい。そして、そのまま結婚に至ってしまうケースが多いのである。結果的に彼らは、脱会したはずなのに、いつまでも統一教会の影から抜け出すことが出来ないのである。
 
さらに、脱会者グループの中では、元原理研究会は元原理研究会同志、元教会員は教会員同志、という風に派閥のようなものができて、お互いに牽制しあっているという話も聞いた。この裏にも微妙な心理があり、自分が第一線で苦労していた、という自覚の強い人は、「私は苦労したのだ」という自尊心とも恨みともつかない思いが強く、あまり苦労を通過しない人に対しては「何も知らないくせに」という裁きの思いが出てきて、なかなか気持ちがかみ合わないのだそうだ。
 また、私は現場を見たことがないが、牧師が中心になって、脱会者同志の出会いの場と称して、コンパのようなものを企画することもある、とのことである。
 私は、こうした脱会者と話してみて、いろいろと同情できる部分もあった。しかしその一方で、彼らのものの考え方には、非常にいい加減な部分も感じた。
 私は数人の脱会者たちに、監禁に携わることの社会的責任についてどう思うか聞いてみた。多くの脱会者からは、「原理なんて間違っているのだから、しばらく説得を受ければ離教するに決まっている。本人は最終的に感謝するようになるのだから、・保護・するのは悪くはないのだ」といった答えが返ってきた。しかし、具体的に原理のどこが間違っているのか聞くと、どうでもいいような批判や、本人の思い違いに基づく批判ばかりが返ってきた。そのことをさらに追求すると、「私があまり勝手なことを言って、間違っているといけないから」「そのあたりは牧師さんに詳しく聞いたらいいよ」と言葉をにごされたり、感情的になって違った批判をぶつけられたりした。さらに牧師にその質問をすると、不機嫌になり、言葉尻を捉えて口論を始められたりする、という感じで、結局本質的な部分で納得のいく答えを得ることはできなかった。
 
私はこの期間、統一原理に対して反対派から受けた、全ての批判に対して反論できる。私は、これを何度でも声を大にして言いたい。
 脱会者たちは、この文を書いている私についても、とやかく言わずにはいられないだろう。私が彼らに切に願うことは、なぜ、私が信仰を失わなかったのかを疑問に思い、もう一度一つひとつを確かめてみるという機会を持つことだ。原理研究会に帰って来た今、私は反対派が様々なウソをついていることを知っている。

2008年01月18日

知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室 Part9

<9>強制改宗の「カリキュラム」
 
監禁から十日ぐらいたつと、様々な脱会者がやって来て、私と話すようになった。
 反対派の改宗作業には、これの次はこれをやる、という「カリキュラム」が確立されているらしかった。例えば、ある時脱会者に「今、何をやっているんですか」と聞かれて、「○○のビデオを見ています」と答えると、「ああ、もうそこまで進んでいるんですね。早かったですね」といった言葉が返ってきた。
 後で帰還者に聞いたところでは、脱会者たちはマンションを訪問した後、反対牧師を中心にミーティングを開き、本人の「進行状況」を報告しているということだ。

 最初の頃は、女性の脱会者が何人か来た。彼女らは、口々に「あなたは氏族メシヤでしょう。だったら、堂々と氏族を説得して、出て行けばいいのよ」「これも神の与えた環境なのだから、逃げるのは信仰者として間違っている」などと言って、焚き付けてきた。彼女たち自身も、同じことを言われ、「確かにその通りだ」「家族にここまでさせて悪いなぁ」という思いから、周囲に対して内面の深い世界を打ち明けるようになった、と述懐していた。これも反対派の引いたラインなのだろう。
 
さらに数日後、元統一教会員のSさん、Kさんという二人の男性がやって来た。二人とも、脱会者の中でかなり中心的なメンバーらしかった。
 Sさんは、三十才前後で、不機嫌そうな顔付きをしていた。気が強い性格らしく、言葉遣いも相手にぶつけるような感じで、なんとなくガキ大将を連想させられた。ただ、他の脱会者の話によれば、Sさんは面倒見も良い性格らしく、新しい脱会者のバイトの世話をしたり、いろいろな相談にのったりしているようだった。
 Sさんが「閉じこめられて、家族に対して怒っているでしょう」と聞いてきたので「まあ、そうですね」と答えると、「でも、家族が君のことを心配しているのは事実だ」と、一言ひとこと区切るようにして言ってきた。私が「まあ、それは事実ですが」と答えると、Sさんは「だったら、こんなに真剣なのだから、応えてあげるべきじゃないですか」と言って、自分の体験談を始めた。
 Sさんは、自分が統一教会で献身的に歩んでいたメンバーだったこと、監禁されてから、十二日断食をした後、醤油を一気飲みしたが、外へは出してくれなかったこと、今は親に感謝していること、などを話してきた。しかし、Sさんの話は、自分がどんなに一生懸命だったかということに留まっていて、統一教会の何が間違っていると思ったのかについては、何も聞けなかった。私はこのようなSさんの話の運び方に、独善的なものを感じさせられた。
 Sさんはさらに、「原理は間違っています。川嶋君が何をやろうが勝手ですが、まちがっていることをやるのは、時間の無駄だと思います」と言ってきた。しかし、彼は、具体的に原理のどこが間違っているのかについても、一言も触れなかった。
 Kさんは、年齢は三五才前後で、度の強い眼鏡をかけていた。理論肌で、真面目な人であるという印象を受けた。以前、原理講師をやっていたことがある、とのことだった。
 Kさんは「原理なんて嘘っぱちだ」と言い、「原理講論は逆から読めば良く分かる」という話をしてきた。Kさんによれば、まず最初に「メシヤ」になりたい一人の男がいた、そして多くの人々をだまし、搾取するという目的のために必要な内容を揃えて行き、最後に聖書の引用をちりばめて、統一原理が出来上がったのだ、と言うのである。反対派は、こうした類の話を聞かせては本人を不安にさせ、教会や原理への不信感をあおっていくのである。
 また、Kさんは「統一教会の人間は、ヘブライ語が読めないのだ。浅見定雄氏は、いつでも公開討論をすると言っているのに、統一教会は逃げ回ってばかりいるじゃないか」とも言ってきた。しかし私は、以前統一教会からアンドリュー・ウィルソン氏が浅見氏に公開討論を申し込んだところ、浅見氏は「理論的な討論をやっても、決着がつくはずがない」と言って討論に応じなかった、ということを、帰ってきてから知った。
 
反対派はこのように、本人が知らない部分では嘘も辞さないのである。元原理講師が、要所要所でこうした権威的なことを言うだけで、説得には大きな効果があがっていると思われる。

2008年01月17日

知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室 Part8

<8>脱会者の登場
 
四ヶ月間で私が会った脱会者は、三〇人から四〇人になる。実に様々な人に会った気がする。監禁によって脱会した直後のメンバーは、一定期間、牧師の指導のもとで共同生活をしながら「リハビリ」と称して説得活動に携わるという流れになっているようだった。
 
脱会者らは、二、三日に一度やってきた。いつも二、三人ずつ連れだってやってきた。たまに一人で来るのは、監禁を熱心に進めているメンバーだけだった。なぜなら、脱会直後のメンバーが一人で説得に行くと、かえって監禁されている側から説得を受け、ミイラ取りがミイラになってしまう可能性があるからである。また、脱会はしたけれども、監禁を行うことに対して反撥しているメンバーもいて、反対派にとって都合の悪い発言をすることがある。これらを牽制するために、二、三人ずつ訪問することになっているのである。
 最初にやって来たのは、歳が私と同じぐらいのF君、H君という元原理研究会の二人の男性だった。どこにでもいるような、ごく普通の青年という印象を受けた。
 私が「あなた達はなぜ脱会したんですか」と聞くと、F君が「原理が真理ではないからです。統一教会の人は、やめた人は原理がよく分かってなかったからだと言うけれど、そうじゃない。本当に原理が間違ってるんです」と答えた。まるで、居酒屋でほろ酔い加減の人が、隣の人に世間話をふっかけるような、屈託のない口調だった。それから、聖書と統一原理の関係などについて、話したくてたまらないという雰囲気で、得意そうに話し始めた。
 F君は、人なつこい雰囲気で、自分の心に浮かぶことは黙っていられない性格らしかった。お調子者で無責任なところがあるが、悪い人間ではない、という印象を受けた。どちらかと言うと好感を覚えた。
 H君は、少しやせた体つきで、神経質で人間関係が下手らしいという印象を受けた。ときおりキッと睨み付けるような目つきを見せた。会話の中にも自分勝手さがにじみ出ていて、それが鼻について好きになれなかった。脱会者同志でも、それぞれ統一教会に対して抱く感情は相当違うものがあるように感じた。
 また、次に「あなた達と、普通に脱会した人たちと、どこが違うんですか」と聞くと、H君がプライドを傷つけられてムッとしたという感じで「全然違うよ。ここにいる脱会した人たちは、そんなイイカゲンな人と違って、神の為と思って、バリバリ一線に立っていた人たちだ」と答えた。
 私が「どうして説得活動をするんですか」と聞くと、H君が勢い込んで「仲間を救うためだ」と答えた。さらに「本人の意図に反して閉じ込めるのはどう見ても犯罪ですよ」と言うと、F君がまた屈託のない感じで「それは君に被害者意識が大きいからだよ。親子がよく話し合って家族関係が良くなれば、きっとアリガトウ、という気持ちになるよ」と答えた。
 私は、こうした言葉を聞いているうちに、彼らの無責任なものの考え方に腹がたった。監禁を陰で進めていながら、自分のしていることに対して社会的な責任をとるつもりがないのか、怒鳴りつけたくなった。私のそうした思いを察したのか、F君は膝を抱えながら「まあ、僕らはあくまで第三者に過ぎませんから……」 と言い訳がましく言った。この言葉は私がマンションにいる間、何度も脱会者たちから聞かされることになった。脱会者たちは、話がややこしくなるたび、こう言って逃げ、責任を回避しようとするのである。
 私がさらに「やめてからどうして、教会の人とコンタクトをとろうとしないんですか。みんな心配してるんですよ」と聞くと、H君が私を睨むようにして「統一教会で結んだ情関係は全て誤ったものだから、後ろ髪を引かれる必要はない」と答えた。私が「でもあなたは仲間を救いたい、と言いましたよね」と聞くと、H君は「今でも、仲間だと思っている。兄弟姉妹だと思っている。だから、救いたいんだ」と、半分自分に言い聞かせているような感じで答えた。私が「じゃあ、情関係を切るなんていうのはおかしいんじゃないですか」と突っ込むと、彼は「それはそうだけれども……」と返事に詰まり、少し考え込んでいるようだった。実際に彼の心の中では、統一教会を否定したい気持ちと、昔の心情関係を懐かしむ気持ちとの二つが複雑に交錯しているように感じられた。
 彼らはいまだに、脱会作業に携わっていると聞く。
 彼らは、脱会して本当に幸せをつかむことができたのだろうか。
 
こんな会話もあった。
 ある時、ある脱会者に「統一教会をやめて、今どんな心境ですか」と聞いたら、「夕鶴」という民話を例に挙げて、説明してくれた。「美人の妻をもって、幸せ一杯だと思っていたのに、相手が鶴だと知ってしまったので、もう元には戻れない、という気持ち」なのだそうだ。私は監禁を受けていたこの四ヶ月間で、脱会して幸せになった、とはっきり感じられるような人には会った記憶がない。
祝福を受けた人も多くいたが、全員、祝福を破棄したそうである。中には相対者のことをいまでも忘れられず、三〇代後半になってもずっと独身で過ごしている人もいたのだ。  
また、監禁を受けた後、親子の信頼関係にヒビが入ってしまった人や、教会にいたときの方が幸せだった、と言葉に出して言う人も実際にいた。
 一度は神と出会って、純粋に歩んで来たはずの人達が、どうしてこうならなければならなかったのか、と考えると、本当に今も胸が痛む。
<CAPTION>
 台所の開き戸には、自転車のチェーンキーがかけられていた。親が私を狂人あつかいしていることを見せつけられて、大きなショックを受けた

2008年01月16日

知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室 Part7

<7>ガラス戸を蹴破る
 
マンションでは、入れ換わり立ち替わり親戚や父の知人がやってきて、各部屋に数人ずつ分散して寝ていた。周囲が二十四時間、私を監視をしているのが肌で感じられ、急な動作をすると、周りがハッと緊張した。寝ていてトイレに行こうと立ち上がるだけで、いきなり足に抱き付かれたこともあった。
 疲労でフラフラだったが、監視されていると思うと気になった。「このまま信仰をなくしてしまうのだろうか」「逃げる隙はないのか」など、いろいろな思いが湧いて来て、ほとんど眠れなかった。
 私の家族もなかなか眠れないらしく、夜の間、何度も寝返りをうったり、ため息やらうなり声をあげるのが聞こえてきた。
 日を追うごとに、「なぜこんな目に会わないといけないのか」「家族は心配していると言いながら、結局自分の事情を押しつけているだけじゃないか」という思いがつのって、どうしようもなくなってきた。特に、家族が自分の言動全てを「マインドコントロールされていて、本当の姿ではない」と思って見ていることを考えると、悔しさや怒りが込み上げて来た。 

信仰的に、この環境を「感謝しよう」と自分に言い聞かせてはきたが、もう情的に限界が来ているのが自分で分かった。
 一週間たって、私は「このままでは本当に気が狂うのではないか」と恐ろしくなって、恥も外聞もなく、父に頼んだ。……土下座したと思うが、はっきり覚えていない。「このままでは気が狂ってしまう。お願いだから出して下さい」。首を振りながら父が「ダメだ。ダメだ」とつぶやくように言った。
 しばらくして、隣りの部屋で世間話が始まった。笑い声がする。
 カッとなってガラス戸を開け、「あんた達は、人の魂をあずかっているのに、よくもここで世間話なんかできるな。もっと真剣になれ」と怒鳴った。怒りのあまり、つい仕切り戸のガラスを蹴破った。足を止めることができなかった。すぐに取り押さえられた。
 私が監禁の全期間をとおして暴力らしいことをしたのは、後にも先にもこの事件だけである。
 私の兄はこのガラスの割れる音を聞いて、半日泣き続けたそうだ。兄はその数日前に私を守ると約束したが、その約束を守ることができなかったのだ。
 ガラス戸は応急処置として段ボールが当てられた。しかし、監禁中はガラス屋も呼べないので、最後までそのままの状態でおかれた。
 しかし、この事件で、私はかえって何か割り切れた思いになった。何を言っても外へは出してくれず、逃げることも不可能。結局、何をしようが、反対派に会わせられることになっているのである。私はもう抗議するのをやめ、何を聞かれても返事しないようになった。何をするのも面倒くさく、口を開くのもおっくうだった。努めて何も考えないことにした。
 それから後、「家族会議」は開かれなくなった。私の心の中では「この監禁はもともと家族ではなく、反対派が始めたものだ」と、割り切るようになり、家族に言うことは何もなくなってしまった。それを家族も敏感に悟ったので、「家族会議」は開かれなくなったのだと思う。
 そして、家族も私も、少しは安心して寝られるようになった。
 さらに2、3日後、父がこっそりと「脱会者の人に来てもらうが、ヒデオはそれでもいいか」と聞いて来た。
 私には、家族に暴力をふるって出ることは絶対できない。暴れるだけの体力ももう残っていない。このまま気が狂うまで閉じこめられるか、離教するか、どちらかしか選択は残されていない。気が狂ったら、信仰を守ることもできない。信仰を失っても、気が狂っていなければいつか教会に戻る機会があるだろう……。冷めた気持ちで、そう考えた。
 脱会者に会うと答えると、次の日さっそく、脱会者がやってきた。

2008年01月15日

知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室 Part6

<6>家族からの責め苦
 
脱会者に会う前の出来事については、断片的な記憶が続く。私自身気が狂いそうな心境だったので、記憶が定かでない。
 何度か「家族会議」と称して、家族や親族、父の知人が集まっては統一教会のことを非難する。私が怒りをこらえて何か答える。そのたび、入れ替わり立ち替わり攻撃され、話の腰を折られる。我慢しきれず爆発する。言い合いをする。さらに周りから誰かが割り込んでくる。そのうち疲れて休む。これが繰り返された。
 話の最後は必ず、このままでは収拾がつかないから、こういう問題に詳しい元統一教会の人にでも来てもらおう、という方向に強引に話を持って行こうとする。私はその場で、そのやり口に非常にいやらしいものを感じて、「どうして家族以外の人間を呼ぶ必要があるの!」と抗議した。
 他の帰還者に聞いたところでは、監禁に入ってからは、まず、家族全員が協力して責めたて、本人にOKと言わせてから脱会者らが登場し、次に牧師が来ることになっているらしい。建て前だけでも本人の希望で会った、ということにしようとするのである。
 なぜなら反対派も、本人が信仰を失わなかった場合が恐いのである。第三者でありながら監禁を教唆したという証拠が残るとまずいのである。


 私は、家族にはそんないやらしいやり口を真似てほしくなかった。
 私が「せめて話し合うなら、こちらサイドの人も呼んでください」と言うと、兄が「そういうわけにはいかない」と答える。「じゃあ、私の職場の上司を呼んでください。あるいは私がここにいる間、あなた達のうち誰かが原理研究会へ行って、本当に反対派の言うことが正しいのかどうか、確かめるぐらいできるでしょうに」と言うと兄が「恐いからダメだ」と答えた。「じゃあ、世界平和教授アカデミーの人なら呼べるでしょう。東大や筑波大に統一教会に対して理解を示す教授方がいるから、その人たちに話を聞こう」と言ったが、それもだめだと言われた。私がさらに「結局、知らせられないというのは、自分が後ろめたいからでしょう」と言うと、また兄が「だって、電話するだけで、逆探知される」と答えた。本当にそう信じ込んでいるらしかった。
 話が向こうに不利になってくると、今度は妹が「お兄ちゃんの目はマインドコントロールされた目だ。お兄ちゃんは物事をまともに考えることができないのよ」と割り込んできた。「違うのよ!違うの。どうしてお兄ちゃんは周囲の真心がわからないの」と感情的に言葉をぶつけて来た。
 私が「これは、人権侵害だ。正当な扱いを要求します」と抗議を続けると、今度は隣の部屋にいた父の知り合いが「ヒデオくん、さっきから聞いていたが、どうして家族の言うことを真剣に聞こうとしないのかね」と割り込んできた。「あなたはどこの何者ですか」と聞くと「私は川嶋の家に昔から関係のある者だ」と言う。「他人が割り込まないで下さい」と言ったが、構わず統一教会への批判をぶつけて来た。この人も共産党員らしい。私は、こんな状況でなんという勝手なことを言うのか、と怒りをこらえ切れず、「あなたは今割り込んでいるじゃないですか!関係ないと言いつつ、割り込んでるのはあなただ!あなたは何様ですか!」と叫んで机を叩いた。すると周囲が一斉にワーッと言葉をぶつけてきた。私はもう言い返す気力もなく、「もう寝る!」と宣言して布団に入った。
 何度かこういった場面が繰り返された。
 その間、私の心の中では、あまりの理不尽さに怒りが込み上げる、それを歯を喰いしばって押さえる、という作業が耐えず繰り返された。とても眠るどころではなかった。自分の精神が異常な状態になって来ているのは分かっていたが、この環境ではどうしようもなかった。
 そのうち、怒りと睡眠不足がこうじて、考える力が麻痺してきた。頭に真綿が詰められたような感覚になった。とにかく一人にしてほしかったが、片時も許されなかった。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。