挨拶
統一教会員への拉致・監禁被害 をご覧いただきありがとうございます。 
 このサイトは統一教会員への信教を理由とした拉致・監禁・人権被害者支援、擁護、情報の提供、共有を目的として製作しました。

はじめての方は こちら からご覧ください。

2007年04月06日

パラグアイ誘拐事件に対するマスコミ報道について

パラグアイ誘拐事件に対するマスコミ報道について
---------------------------------------------------------

 当法人の信者である太田洪量氏と山口佐和子さんが、2007年4月1日、パラグアイで発生した誘拐事件に巻き込まれました。
 当法人としては、「人命優先」を第一に考え、相次ぐマスコミ各社からの取材に対して、下記のようなコメントをしておりました。
 ところが、マスコミ各社は事件解決のための慎重な対応をとるどころか、ワイドショー的な感覚で無神経な取材合戦にのみ過熱化していく傾向にあることを、非常に残念に思います。
 また、そればかりか、当法人のコメントの一部だけを抜き出し、誤解を与えかねないような報道も、一部、行われました。
 そこで、改めて、当法人が意図した「人命優先」を考え、各報道機関がこの事件を取り上げるようになった4月3日に、当法人がどのようなコメントを各報道機関に流したのかを、お知らせすることに致しました。
 改めて、報道のあり方、およびその姿勢について、マスコミ各社に考えていただける機会となるように、希望する次第です。
 以下の内容は、マスコミ各社に送った4月3日付の文面のままです。


--------------------------------------------------------
報道機関各社殿

 現在、南米パラグアイにおいて、当法人信者である太田洪量(ひろかず)さん(62)と山口佐和子さん(37)が誘拐事件の被害に遭っております。
 太田さんと山口さんは、土地管理会社「ビクトリア社」の社長、および社員として現地で活動していたようです。
 太田さん山口さんは、当法人の信者ですが、当法人における役職はなく、職員ではありません。事件が発生したのは、現地時間で4月1日午後3時45分頃(日本時間4月2日午前2時45分頃)と聞いておりますが、現在、行方は分かっておりません。
 犯人グループから身代金の要求があったとの情報を得ており、事件性を考えれば、人命にかかわる極めて重大な状況であると思われます。
 人命優先のため、国内での誘拐報道の場合と同様、報道機関各社におかれましては、なにとぞ報道を控えていただけますように、よろしくお願い申し上げます。
 なお、太田さんと山口さんの出身地、生年月日など、個人情報に関する問い合わせが各社からきておりますが、個人情報にかかわることは、当法人としては一切お答えしておりませんので、どうぞご理解のほどよろしくお願い申しあげます。

2007年4月3日
世界基督教統一神霊協会広報部

-----------------------------------------------------

記事: 世界基督教統一神霊協会広報部


http://www.uc-japan.org/news.aspx?id=372

2007年04月02日

2007年04月01日 監禁の夢

kiwonommaさんの日記

2007年04月01日 監禁の夢

昨晩7回目に監禁されるという夢を見た。

妹がいろいろ手配して外で監禁されそうになる夢だった。

お店の人やバスの運転手もぐるになってつかまりそうになった。


夢の中であらん限りの力を尽くして大声で叫んでいた。


『私を今捕まえて監禁しようとしているんです!!』


『子供も4人もいるのに!!』


『今まで何回も監禁されて自律神経のコントロールがうまく行かなくなったほどなんです!!』


周りにいる大勢の人に対して演説するように叫んでいた。
バスのドアをこじ開け、走りながら道路を走っているオートバイの人に叫び、警察に駆け込んで大勢の警察官に大声で訴えていた。


夢の中ではこの私の真剣な訴えに人々が同情してくれて子供も荷物も返してやりなさいということになって、監禁は失敗ということになった。


もう最後の監禁から11年過ぎたのにそれでもごくたまに監禁されそうになる夢を見る。


本当に精神的ショックが大きいことだからこんなに後を引くんだろう・・・。


それでも今回の夢は私が大声ではっきり訴えることで人々に伝わり理解してもらえたと言う展開は何だか夢から覚めた後すっきりした感があった。

2005年01月08日

拉致・監禁をすすめ、信教の自由を奪おうとする反対牧師達

拉致・監禁をすすめ、信教の自由を奪おうとする反対牧師達の現在の活動についての情報を求めています。 是非知っている方いましたら連絡してください。

 またこれらを進めるにあたって、反対派はセミナーや勉強会を開催し、拉致・監禁への準備をしているわけですが、そのセミナー開催の情報なども求めています。

 自分が連絡をとっている方の中にも家に帰ったら拉致・監禁されるのではないか、と、非常に不安になっている方たちが多くおり、家に帰ることが出来ずにいます。

 拉致・監禁などを通しては親子の関係を解決することなどできません。
 宗教や信仰に対する正しい理解が必要です。

 是非協力をよろしくお願いします。


鳥取??大阪監禁事件を起こした高澤守が関わっているのかもしれません。 特に高澤守牧師についての情報求めています。

強制棄教・改宗(Deprogramming)
統一教会信者・鳥取??大阪監禁事件

2004年08月23日

神奈川にて先日統一教会員に対する拉致・監禁事件が発生しました。

神奈川にて先日統一教会員に対する拉致・監禁事件が発生しました。

世界平和人類一家族を願う国際合同祝福結婚式への反対、統一教会からの脱会・改宗が目的のようです。

 弁護士紀藤正樹のLINCにSTOP!合同結婚式とあるように国際合同祝福結婚式に反対する弁護士などによる拉致・監禁事件であることが推測されます。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。